永久脱毛の定義と脱毛時の増毛化・硬毛化について

永久脱毛の定義

日々のムダ毛処理が煩わしくなり、思い切って永久脱毛をしたいと考える方というのは少なくないのではないかと思います。
脇や膝下は勿論、腕や背中などの全身を綺麗にしたいと思い、脱毛サロンの門をたたくことを検討することでしょう。

しかし実は脱毛サロンでは永久脱毛をすることはできません。永久脱毛をするには毛のもととなる細胞を破壊する必要があり、破壊するためには医療従事者の手が必要となります。

細胞破壊は医療行為であるため、資格が無いものが行うと法律に違反することになってしまうのです。
そのため医療従事者がいない脱毛サロンでは永久脱毛をすることができない、という仕組みとなっており、もし永久脱毛ができると謳っている脱毛サロンがあったのであれば利用を回避する必要があるでしょう。

しかし実は永久脱毛といっても、本当に永久的に毛が生えてこない保証があるのかというとそうではないという事実があります。

日本には永久脱毛の定義がないのですが、一般的に用いられている定義に「脱毛施術一ヶ月後の毛の再生率が20%以下」である脱毛方法であれば永久脱毛である、というものがあります。これは米国の脱毛協会が定めたものであるといわれています。

この定義を噛み砕いて解釈すると、完全に毛を生えなくすることができると断言することはできない、ということになるでしょう。

なぜそのような曖昧な言い回しをするのかというと、その背景には永久脱毛という技術がまだ新しいという理由が含まれています。

どんなことであっても物事を立証するためには長い年月が必要となるものですが、永久脱毛というものは技術が確立してからまだ日が浅いため、効果を断言できる証拠が揃っていないという状況にあります。

つまり現状では理論上永久的に脱毛することが可能であるが、まだ資料不足で断言できないもの、であると思っておいてよいでしょう。もっと時が経って証拠がしっかりと揃えば、永久脱毛は永久的に脱毛ができる方法であると断言することができるようになるかも知れません。

永久脱毛が期待できるクリニックはこちら⇒ 永久脱毛大阪なび!大阪でおすすめ医療クリニックをランキング

脱毛時に起こる増毛化・硬毛化とは

ムダ毛

そんな永久脱毛ですが、永久脱毛ができるはずのレーザー脱毛を受けたのになぜか毛が増えてしまった、毛は減っているけれど残っている毛が濃く固くなってしまったという話を聞いたことがあるという方もいらっしゃるかも知れません。

これらの状態は増毛化硬毛化というもので、脱毛施術を受けることで起こる可能性があるものです。

増毛化や硬毛化については現状まだわかっていないことが多く、レーザーなどを当てることによって毛根周りの働きが活発になってしまっているのではないかという説はあるものの、その節も確証できるものではなく完全に解明されていません。

これらの現象は特に背中や二の腕といったもともとは毛が薄く細い部位に起こりやすいといわれているものの、他の部位でも確認されることがあるため注意が必要です。

また、サロンやクリニックから説明があるかと思いますが、事前にこれらのリスクがあるということを十分に承知してから施術を受けるようにすることも大切です。増毛化や硬毛化は医療脱毛だけではなく、フラッシュ脱毛器を使っているサロン脱毛でも起こる可能性があるものです。

しかし増毛化や硬毛化してしまった場合、毛が濃くなることで反対に脱毛効果が高まる場合もあるというちょっとしたメリットのようなものも存在しているため、あまり悲観的になる必要はないでしょう。

中には増毛化硬毛化が起こってしまった際にそれらをケアする保証制度を導入しているサロンやクリニックもあり、脱毛期間を伸ばすことが可能な場合もあります。増毛化硬毛化リスクが高い部位の脱毛を行う際にはきちんと保証してもらえるサロンやクリニックを選び、安心して脱毛期間を終えたいものですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ