永久脱毛という言葉の本当の意味やメリット

永久脱毛

お金を払って脱毛をしてもらう場合、医療クリニックなどで行われる医療脱毛とエステサロンや脱毛サロンで行われるサロン脱毛の2つが選択肢に挙がるのではないかと思います。

その中でも医療脱毛は脱毛サロンと違って永久脱毛ができるからおすすめである、このような話を耳にすることもあるでしょう。

なぜ医療脱毛でのみ永久脱毛が可能なのかというと、ひとつに使用されているマシンの威力が関係しています。
医療脱毛では高出力のレーザーを使ったレーザー脱毛が、サロン脱毛では広範囲に照射できるフラッシュ脱毛がそれぞれ用いられています。

どちらも特殊な光を使っており、メラニン色素など黒い部分に反応させることでムダ毛を綺麗にしていくという大まかな方法自体は変わらないのですが、医療脱毛のほうがその威力が高いのです。

実は医療脱毛では毛の元となる細胞を破壊することが目的ですが、サロン脱毛ではダメージを与えることにとどまっているという事実があります。

破壊することで毛が生えてこなくなるのになぜサロンではダメージを与えるだけなのかというと、ずばり医療従事者がいないからというのが理由となります。

細胞を破壊するという行為は医療行為にあたるため、医師など医療従事者が行わなければ法律違反となってしまいます。そのためサロンでは医療行為にあたらないよう、出力を抑えた光を使ってムダ毛を綺麗にしているのです。

細胞破壊によって毛が生えてこなくなる永久脱毛ですが、実は永久といいつつも本当の意味での永久ではないということは実はあまり知られていない事実です。

永久脱毛の定義というのは、「一定期間をかけてムダ毛処理をした後、生えてくる毛の本数が従来の20%以下であるか」どうかなのです。

これはアメリカが定めたものですが、日本には明確な定義がないため、この定義に基づいて言葉が使われています。

なぜ厳密には永久ではないのに永久という言葉が使われているのかというと、理論上では永久であるといえるからという理由があります。

永久脱毛という脱毛方法はまだ実用化されて日が浅く、長期間に渡るデータが取れていないという現状にあるため、言い切ることができないのです。

今後しっかりと効果を実証できるデータが揃っていけば、本当の意味での永久脱毛として施術を受けていくことができるようになるでしょう。

永久脱毛するメリットとは

ではそんな永久脱毛をするメリットは何かというと、やはり先に述べたとおり理論上はほぼ永久的な脱毛が可能であるという点が一番に上がります。

毛がほぼ生えてこなくなればムダ毛処理に費やしていた時間やカミソリなどを購入する費用などがなくなるため、より時間を効率良く使えるようになるでしょう。

サロン脱毛でも毛がほぼ生えてこなくなるという感覚を得ることは可能ですが、細胞を破壊していないため、数ヶ月あるいは数年経つと再び今までどおり毛が生えてきてしまいます。

このことからサロンでの脱毛は抑毛や減毛をすることができる場所であると考えるとよいでしょう。

サロン脱毛と比較すると脱毛完了までの期間が短いという点も魅力です。医療脱毛のほうが威力が強いため、作業時間も短く済ませることができます。

威力があるということで痛みが強いと感じることもありますが、適宜出力を弱めたり冷やして痛みを緩和させたりなど工夫をしてもらうことも可能です。

それだけでなく麻酔や薬を使用することができるため、この点は医療従事者のもとで行われる医療脱毛の魅力であるといえるでしょう。

永久脱毛という名称でありながらも現在ではまだ永久と言い切れないという、少しややこしい脱毛方法ではありますが、効果が高いという点はすでに実感している方が多いことからも断言することができます。

脱毛をする際には費用や自分がどの程度まで無駄毛の処理をしたいかなどを踏まえつつ、クリニックとサロンを選ぶと良いかもしれませんね。

大阪で永久脱毛するならこちら⇒ 永久脱毛大阪なび!大阪でおすすめ医療クリニックをランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ